みんなの食 ・ Everyone’s Food

この地図は、

地域の食をつくる「ヒーロー・ヒロイン」たちとつながることができるプラットフォーム

として活用して頂ければと考えています。

何気なく過ごしていると見落としがちですが、彼らは

ビルの屋上で養蜂をしたり、

道端に果物の木を植えたり、

自分の畑で獲れた野菜をお友達や親戚におすそ分けしたりしています。

みなさんはそのような取り組みを既にご存知かもしれません。

心当たりのある方は是非情報をお知らせください。

現在のフードシステムはグローバル化が進み、食べものを商品として売買することを基礎として成り立っています。こうしたフードシステムは、人にとっても、環境にとっても望ましいものではなく、消費者と生産者のつながりのない、利益の最大化を目的とした工業型モデルを軸としています。

しかし、こうしたフードシステムとは別の食の世界も存在しています。人間の基本的ニーズを満たし、災害時にはセーフティーネットとなり、私たちの心も体もしあわせにしてくれるような、そんな食のあり方です。

住民志向型のフードシステムは、どのような食べものが作られ、どのように消費者の手に届くのかといった食のあり方について、さまざまな可能性を与えるものであり、さらには、人々にレジリエンスとつながりを与えるものです。このホームページでは、住民志向型の取り組みや活動を紹介していますが、それは私たちが周りの人たちと共に暮らしていく生き方でもあります。そうした活動を、「供給(Supply)」、「プロサンプション(Prosumption)」、「コミュニティ活動(Community)」の3つのカテゴリーに分けて紹介しています。

供給
01 .

Supply

無人販売

Mujinhanbai are a long standing tradition of rural areas where farmers and kitchen gardeners set up private farm stands close to their farm or house and sell their harvests.

朝市・ファーマーズマーケット・マルシェ

Farmers markets are typically weekly scheduled events where producers and vendors set up a temporary stand to sell their products. Consumers can come during a given time to freely purchase and share conversations with producers directly.

工場直売所

直売所

Direct Sales markets are storefronts where local community members and farmers can drop off their produce and value added products for sale.

小売・八百屋

Local businesses are locations where a store vendor usually directly purchases from a producer. They often hold strong ethics when it comes to knowing where their products come from and are eager to share this valuable knowledge to mostly urban consumers.

道の駅

プロサンプション
02 .

Prosumption

収獲体験

U-pick farms offer the unique opportunity for consumers to directly visit farms and participate in farming activity such as harvesting your own vegetables.

魚釣り・潮干狩り

Fishing is of course a critical livelihood that provides fresh seafood and fish, but it also is a long held past time for fishing enthusiasts who are important knowledge keepers and sharers about local ecosystems and environmental conservation. With the decline of forestry and lack of maintenance within secondary forests, much wildlife is encroaching into rural areas and sometimes urban regions. Hunters play a vital role in providing balance for the farmers who face devastation from wildlife like deer, boar, racoons, and monkeys and surrounding ecosystem.
Mapping points where one can access licenses and sharing the important work of hunters and fishers promoting the sustainability of precious satoyamas and nature.

養蜂

Japanese bee-keeping provides an intimate look into the terroir of a particular region.

山菜採り・キノコ狩り・タケノコ堀り

コミュニティ活動
03 .

Community

種子交換/Seed Sharing

Thinking about wanting to grow your own food? Do you know there are seed exchange events and seed banks that offering seeds to participants. These seeds are often unique to a particular locality and one way to be able to enjoy traditional heirloom varieties.

体験農園・市民農園/Community Gardens

こども食堂/Children’s Cafeteria

Kodomo Shokudo are spaces organized by community members for children to come and have a home cooked meal.

食と農の未来会議/Food Policy Councils

漁業権・猟師免許・食品販売許可/Fishing Licenses・Hunting Permits・Food Sales Licenses

これらすべての取り組みや活動が、何らかの「オルタナティブ(代替的)」、「ローカル(地域に根差した)」、「ワイルド(人の手が加えられていない)」、「インフォーマル(非公式的な、普段使いの)」な特徴を持っています。しばしばこのような特徴を併せ持ち、取り組みや活動の強み、魅力となっています。

インフォーマルな食の取り組み」は、行政への登録や納税が不要な活動で、例えば、農家さん同士のタネの交換や、知り合いや親類とのおすそ分け、趣味のガーデニングや山菜採りなどを指します。

地域の食」(地元の食べもの)は、町や地域といった生産地に着目しており、長年培われてきた生産方法や、生産地の特性などがあり、地理的表示保護制度の登録に用いられます。

オルタナティブな食のネットワーク」の「食」とは、慣行農法ではない新しい農法を用いて生産された食べもの、新しい流通経路で消費者の手に届く食べもの、主流のスーパー以外で販売されている食べものなどを意味します。関係者は、金銭目的に留まらない、、、を目指しています。

野生の食べもの」(ワイルドフード)は、人の手で育てられていない(多くの場合、人が植えたものでもない)、非工業的な食べものを指します。個人やグループで行う、山菜採りやきのこ狩り、ジビエの狩猟などが代表例です。

FAQ

popular questions

よくある質問

使い方を詳しく知りたい

このサイトは、住民志向型の食の取り組みや活動を行う団体の情報をまとめています。サイトの使い方について、以下各項目をご確認ください。

地図に情報を登録するには

サイト右上端にある「追加」ボタンから、住所・取り組み名・カテゴリー・関連サイトをご登録ください。

取り組みを見つけるには

地図からお住まいの地域周辺で登録されている活動を見つけることができます。また、参加するのページから、お住まいの地域の関連活動のWebサイトを見つけて訪問することができます。

登録情報を修正・更新するには

該当するスポットをクリックし、「情報を修正する」をクリックすると、編集画面が現れます。修正後、修正を依頼するを押して、完了です。管理人が確認し、承認後に修正内容が反映されます。

登録されている情報について

サイトの訪問者が登録したものと、総合地球環境学研究所FEASTプロジェクトがWebサイトを検索して収集した情報の二種類があります。

「参加する」ページに取り組みを追加するには

feast★chikyu.ac.jp(★→@) に、皆さんの活動の紹介文、Webサイト、ロゴもしくは写真等をお送りください。サイトに反映いたします。

参加する

『みんなで作る地域の食』に参加する方法は、さまざまです。

今、フードシステムの転換が求められていますが、そのためには、生産、流通、購買や調理のあり方を変えるだけでなく、ガバナンス、研究、教育、想像のあり方を変える必要があります。フードポリシー・カウンシル(Food Policy Council)といった組織や市民社会のアクターが、その転換を促す役割を担います。

Grow yourself – grow the community – grow civic food!

There are many different options to become part.

The necessary change to a new food system requires not only different ways of production, distribution, purchase, and preparation of food, but parallel also new ways to govern, research, educate and imagine! Institutions like a Food Policy Council and civil society actors play a crucial role in this as sociatiel catalysts.